美文字の流儀

「美文字の流儀」を一週間やってみた

美文字の流儀 表紙

前から気になっていた坂本幸一先生の「美文字の流儀」を一週間やってみました。

この「美文字の流儀」って教材、すごく字が上手くなりそうな感じしますけど、普通のボールペン字の練習帳なんかと比べると高いですよね。

私もそうでしたが、「購入してみないと内容がわからない」ということが不安だと思いますので、「美文字の流儀」という教材が、どんな内容で実際に字が上手くなるのかどうかについて、まとめていきたいと思います。

字が下手だと悩んでいる方、上手くなりたくて「美文字の流儀」をやってみようと考えている方の参考になればと思います。




1週間どんな内容だったか、まとめてみました

「美文字の流儀」を購入してみて、まずビックリしたのはそのボリュームです。

どこから始めればいいか迷いましたが、坂口先生からもおすすめされてる「1週間の学習コース」を実践してみることにしました。

1日目 「横画の書き方の基本と重心の取り方」

2日目 「8つの基本点画の書き方/強調する点画について」

3日目 「漢字の美文字ルール/47種類の部首について」

4日目 「書きづらい漢字百選」

5日目 「ひらがなの極意」

6日目 「カタカナの極意」

7日目 「文章をまっすぐに書く技法」