趣味

空き缶風車の作り方

空き缶風車の作り方

最近、アルミ缶の柔らかさを利用した工作やオブジェが流行しているようです。エコで簡単に作れますので、小学生の工作でも人気上昇中です!

簡単なものから凝ったものまで意外と多くの作品を見つける事ができました。今回はみんなが頭を悩ませる夏休みの工作としてもおすすめできる空き缶風車を作ってみましょう。

夏休みの工作に限らず、限定デザインで発売されたアルミ缶のデザインを活かした、ちょうちん型のアルミ缶風車なら注目の的になるかもしれませんね。




空き缶風車を作るのに準備する材料

空き缶風車を作るのに準備する材料

まず、用意するものから紹介します。

空き缶風車に必要な材料
  • 350mlのアルミ缶
  • 千枚通しやアイスピック、キリなど穴を開けるもの
  • 厚紙とコンパス
  • ものさし、ペン、ハサミ
  • マジック
  • マイナスドライバー
  • 50センチの長さの針金
  • ラジオペンチ
  • 軍手



空き缶風車の作り方

参考動画:【アルミ缶工作】風車の作り方

手順1

ジュースやビールのアルミの空き缶を用意します。

アルミ缶の上側(飲み口側)に目口、千枚通し、キリなど穴を開けられるもので、ちょうど真ん中に穴を開けます

無理して強引に開けないようにしましょう!空き缶の側面をへこましても大丈夫ですが、ケガしては元も子もないですからね。

反対側に回して、アルミ缶の底面に水抜き用の穴を缶底のくぼみの外側に2か所開けます。

手順2〜4

厚紙にコンパスで半径10センチの円弧を描いて切り抜きます。

厚紙に1センチ間隔で線を引いて切り取ります。これはメジャーの代わりだと思っていただければ大丈夫です。

アルミ缶の上側に、メジャーの役目として作った厚紙を巻き付けて、1センチ間隔で印をつけていきます。終われば下側にも同じように印をつけましょう。細いマジックがあれば工作後に目立たないのでおすすめです。

手順5〜7

円弧を描いた厚紙を、先ほどつけた印に合わせてアルミ缶に曲線を描いていきます。曲線を描き終わりましたら、折り曲げ用の線を、アルミ缶の上側下側両方に描いていきます。

円弧を描いたアルミ缶の曲線に沿ってカッターで傷をつけていきます。無理に力を入れて手を切らないように注意しましょう。

ここではまだアルミ缶を切り離すことはありません。こわいようでしたら傷をつけるのを軽めに2回にしてもかまいません。ケガをしないように安全第一で作業しましょう。

<スポンサーリンク>

作り方その8

アルミ缶風車 空き缶

アルミ缶を両手ではさんで揉むように回していきます。カッターで傷を入れた円弧部分が切れてくるまで回し続けます

不安があれば軍手などの手袋をはめて作業しましょう。手のひらを切らないようにゆっくりすすめましょう。

作り方その9〜11

アルミ缶が切り離されて少し隙間ができてきます。その隙間にマイナスドライバーを差し込んで、少しずつ切り目を広げていきます。

切り離しが終わったら、ラジオペンチを折り曲げ用の線をつかんで外側に曲げていきます。

アルミ缶を上下に伸ばしたり縮めたりしながら全体の形を整えていきます。

作り方その12

お好みのちょうちんの形になれば、準備しておいた長さ50センチの針金を曲げていきます。

針金をアルミ缶の底のくぼみの部分に円型の丸みを作ってアルミ缶のくぼみにはまるようにしておいて、針金はアルミ缶をくるむように丸くします。

針金の先端の一方をハンガーで引っ掛けるような形のフックにします。針金のもう一方の先端をアルミ缶の上側に開けた穴に入るようにします。

完成

これで完成となります。

風の当たる場所にぶら下げてみましょう。少しの風でも気持ち良く回ってくれますよ。

おわりに

アルミ缶風車の簡単な作り方を紹介してきましたが、くれぐれもケガだけはしないようにしましょう!

他にも作り方を紹介しているものはありますが、冶具を作ったりする手間等も掛からずに夏休みの工作としていかがですか?

アルミ缶にもさまざまなデザインがありますので、複数のちょうちん型風車を飾り付けるのもおすすめです。みんなが苦労する夏休みの工作を手っ取り早く終わらせて、楽しい夏休みを送りましょう!