旅行

ANAの国内線・国際線の予約確認や豪華な機内食について!

ANAの国内線・国際線の予約確認や豪華な機内食について!

海外旅行や国内旅行など、航空会社のANAを利用することは多いですよね!

今回はそんなANAの「国内線・国際線の予約確認」「機内食販売」や「歴史」についてまとめていきます。




国際線機内販売について

国際線での機内販売は、全日本商事が高品質・付加価値の高い商品をお客様へ提案していて、ANAの機内販売の商品選定、仕入れから販売プロモーション、品質管理までを一手に担っています。

高品質で多彩なブランドの免税品やオリジナリティのあるコラボレーション商品の企画・調達、機内誌「ANA SKY SHOP」の制作などを通じて、ANAを利用する方の満足度向上に貢献しています。

国際線機内免税販売では世界有数のブランドをはじめ、世界中から選りすぐられた一流品を免税価格で用意していて、各ブランドの人気商品の他、日本では手に入らない商品やANAオリジナル商品など、豊富なラインアップを取り揃えています。

機内販売でのおすすめは、支払い前にCAさんにラッピングをお願いすると、家族や会社関係の人へのお土産をグレードアップさせる事ができ、お土産に必要な「ワクワク感と実用性」の両方ができると思います。



国際線機内食について

飛行機の楽しみの一つが期待を裏切らないANAの機内食だと思います。

機内食においても他の航空会社とは一線を画した物で、出発地の特産品などをふんだんに利用した豪華な食事が世界的にも評判となっていて、いくつかの種類から希望のものを選ぶことができるため、肉が嫌いな人や野菜が嫌いな人に合わせたそれぞれのメニューが選択できる仕組みになっているのも嬉しいポイントです。

ANAの機内食の売りは、「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」による、美味の共演です。

Connoisseur(コノシュアー)とは、「その道を極めた目利き」を表す言葉で、常に新たな食の世界を切り開き、お酒などの嗜好品を芸術のごとく高める世界の匠たちと、高度1万メートルの特別な一皿を知るANAシェフチームが実現していると思います。

国内線予約確認について

ANA(全日空)便ご予約時に確認しておきたいチェックポイントは下記にまとめました。

  • 正規運賃や格安航空券の種類について
  • コードシェア(共同運航)便と出発ターミナルについて
  • チケットのお受取方法について(自動チェックイン機について)
  • 乗継・手荷物について
  • 便の変更について(購入後に便変更が可能な航空券に限り)
  • 航空券の払戻(キャンセル料金)について
  • 悪天候時の欠航の場合についてのご案内
  • 病気などの理由に因るご搭乗ができない場合のご案内

必ずしも全部確認しなくても、出発ターミナル・乗り継ぎ・手荷物と悪天候の時に欠便の対策は搭乗前に確認しておく必要があると思います。

国内線予約確認はこちら(ANA)

<スポンサーリンク>

国際線予約確認について

ANAの国際線予約では、基本的に即時購入が必要となります。

国内線は、いったん予約してから後日の購入が可能ですが、国際線の搭乗券はANA公式サイトでなく、旅行代理店経由なら予約後24時間以内に支払いまで求められます。

そこでおすすめは、最近できたサービス「Keep My Fare」を利用すると、1000円払えば、72時間の予約確保が可能になり、購入を決めた内金になるワケではないですが、キープ用のサービス代と考えるとお得だと思います。

国際線予約確認はこちら(ANA)

ANAはこんな会社!

全日本空輸株式会社は、1952年に全日本空輸の前身になる、日本ヘリコプター輸送株式会社と極東航空株式会社の両社で設立されました。

日本ヘリコプター輸送株式会社のルーツは、戦前の朝日新聞航空部で美土路昌一と中野勝義が中心となり、終戦後の民間航空関係者の失業救済を目的として、1945年(昭和20年)に設立した社団法人興民社です。

設立当初は東京を拠点にヘリコプターによる宣伝事業のみを行っていたが、やがて飛行機による事業にも参入し、1953年12月に貨物航空事業を開始し、1954年2月には旅客航空事業も開始しました。



全日本空輸は、国内航空輸送を一本化するという運輸省の方針により、1958年に両社が3月に合併し設立され、北は北海道から南は鹿児島までの日本全国19都市を結ぶ、日本国内最大のネットワークを誇る航空会社となりました。

全日本空輸会社は、ANAホールディングス株式会社の子会社で、2017年1月現在、国際線、国内線ともに国内最大規模を誇り、
イギリス・スカイトラックスによる航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を得ていて、日本のエアラインとしては史上初の獲得になりました。

国内線では最大の路線網を持ち、2015年9月現在、羽田空港における発着枠のシェアの約6割を占めていて、国際線はアジア諸国とヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国などに就航しており、2014年5月には有償旅客キロおよび有効座席キロにおいて日本航空を凌ぐ規模となり、航空会社連合「スターアライアンス」のメンバーになりました。

1982年より使用している現行のロゴは、「ANA」の文字の横に、機体塗装にも使用されているトリトンブルーとモヒカンブルーを組み合わせたラインが入っています。

トリトンブルーは海の波と風を鎮めたといわれるギリシア神話の神トリートーンに由来し、「海」と「空」の違いはあるものの、「旅の安全」を願う気持ちを込めて命名されています。