趣味

ブリヂストンの美術館やスポーツや自転車事業

ブリヂストン美術館イメージ

ブリヂストン株式会社は、車やタイヤの製造・販売以外にも、美術館やスポーツ事業など、いろいろな事業にチャレンジしています。

そこで今回は、そんなブリヂストンの美術館やスポーツ等についてまとめていきたいと思います。




ブリヂストン美術館とは

ブリヂストン美術館 (ブリヂストンびじゅつかん) (英称:Bridgestone Museum of Art)は、東京都中央区京橋にある、西洋美術、日本近代美術を中心とした私立美術館である。公益財団法人石橋財団が運営している。

ブリヂストンの創業者石橋正二郎の収集した美術品を展示する為、1952年に東京・京橋に新築されたブリヂストンビル内に開館しました。

<スポンサーリンク>

石橋は昭和のはじめ頃から日本の近代絵画の収集を始めて、西洋美術の収集に本格的に乗り出したのは第二次大戦後の事で、戦前にすでに日本にもたらされていた西洋美術のコレクションを、戦後まとまった形で入手し、美術館開館までのわずか数年間に日本有数の西洋美術コレクションを形成しました。

石橋正二郎は美術館の開館後も収集を継続し、1956年には財団法人石橋財団が設立され、1961年には美術品も財団へ移管され、又1956年に石橋の郷里の福岡県久留米市には石橋の寄贈という形で石橋文化センターが設置されて、センター内には姉妹館の石橋美術館が開館しました。

石橋財団は2016年9月をもって石橋美術館の運営から撤退することとなり、同美術館は2016年10月から久留米市美術館として再出発する事となり、石橋財団が所有し石橋美術館で展示してきた国宝・重要文化財を含む美術品は全て、石橋財団アートリサーチセンター(東京都町田市)で一括管理される事とになりました。

展示作品

  • レンブラント・ファン・レイン『聖書あるいは物語に取材した夜の情景』1626-28年
  • カミーユ・コロー『ヴィル・ダヴレー』1835-40年
  • オノレ・ドーミエ『山中のドン・キホーテ』1850年頃
  • ギュスターヴ・クールベ『雪の中を駆ける鹿』1856-57年頃
  • エドガー・ドガ『レオポール・ルヴェールの肖像』1874年頃
  • ピエール=オーギュスト・ルノワール『すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢』1876年
  • カミーユ・ピサロ『菜園』1878年
  • エドゥアール・マネ『自画像』1878-79年
  • アルフレッド・シスレー『サン=マメス、六月の朝』1884年
  • フィンセント・ファン・ゴッホ『モンマルトルの風車』1886年
  • ポール・ゴーギャン『乾草』1889年
  • ギュスターヴ・モロー『化粧』1885年-1890年
  • ポール・セザンヌ『サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール』1904-06年
  • モーリス・ド・ヴラマンク『運河船』1905-06年
  • クロード・モネ『黄昏、ヴェネツィア』1908年
  • アメデオ・モディリアーニ『若い農夫』1918年頃
  • モーリス・ドニ『バッカス祭』1820年
  • ジョルジュ・ルオー『郊外のキリスト』1920-24年
  • パブロ・ピカソ『腕を組んですわるサルタンバンク』1923年
  • パウル・クレー『島』1932年
  • アンリ・マティス『青い胴着の女』1935年
  • 青木繁『天平時代』1904年
  • 藤島武二『黒扇』(重要文化財)1908-09年
  • 山下新太郎『読書』1908年
  • 藤田嗣治『猫のいる静物』1939-40年
  • 小出楢重『帽子をかぶった自画像』1924年
  • 中村彝『自画像』1909年
  • 佐伯祐三『テラスの広告』1927年
  • 関根正二『子供』1919年
  • カミーユ・コロー『ヴィル・ダヴレー』1835 – 40年
  • モロー『化粧』1885 – 90年頃
  • エドゥアール・マネ『自画像』1878 – 79年
  • モネ『睡蓮の池』1907年
  • アルフレッド・シスレー『サン=マメス、六月の朝』1884年

ブリヂストンサイクル株式会社とは

ブリヂストンサイクル株式会社は、埼玉県上尾市に本社をおく自転車の製造・販売を行う、ブリヂストンの子会社です。

1949年10月3日、アサヒコーポレーションのタイヤ部(現ブリヂストン)から自転車部門が分離・独立してブリッヂストン自転車株式会社として設立され、1951年10月25日にブリヂストン自転車株式会社に社名が変更されました。

<スポンサーリンク>

1960年にブリヂストンサイクル工業株式会社に社名を変更しました。

1971年に親会社ブリヂストンタイヤ自転車部から販売業務を譲り受け、1976年に現在の社名となり、以来独自のベルトドライブシステム(1982年開発 1987年全国発明特別賞受賞)、オーダーメイド自転車の生産(1988年)、また暗所でライトが自動点灯する「点灯虫」(1991年)、後輪錠とハンドルのダブルロックシステム「一発二錠」(2003年)など独自のシステムを多用した自転車を多数開発している。

ブリヂストンスポーツとは

ブリヂストンスポーツアリーナ株式会社の略称で、1992年12月、スイミングスクールをベースに、ゴルフスクール、テニススクールを統合し、スタートいたしました。

企業理念である、人々の心と体の健康づくりを支援するを基本とし、スポーツを通し地域社会の幸せな生活づくりのお手伝いという方針の元、お子様の健全な成長や皆様の快適な生活設計に取り組んでいます。

事業内容は、スポーツクラブ・スイミングスクールの運営 スポーツ・文化教室の運営 テニススクールの運営 新体操教室の運営 ジュニアサッカー教室の運営 介護予防事業 スイミングスクール企画開発等コンサルティング事業 をしています。