ビジネス

チャットワークの4つの便利機能とは?使い方と料金について

チャットワーク イメージ

「チャットワーク」とは、ChatWork株式会社により開発された、クラウド型ビジネスチャットツールです。企業における業務の高効率化により、メールや電話に代わる新たな連絡手段として登場しました。

単にメッセージの交換だけではなく、タスク管理、ファイルの共有化、ビデオ通話なども可能となっています。簡単便利の容易な設計のために、士業や建築、介護職など非IT業界にまで、そのすそ野は広がりつつあります。

今回は、そんなチャットワークの4つの便利機能使い方や料金についてお話ししていきます。




チャットワークの4つの便利機能

ポイントチェック

チャットワークの4つの便利機能は次のとおりとなります。

  1. グループチャット:メッセージの共有や投稿メッセージの削除機能があり便利です。
  2. タスク管理機能です。:机に貼る付箋のような機能ですね。双方管理により忘れタスクがなくなります。
  3. ファイル共有機能:ワード、エクセルや画像がクラウド上にあるために、ファイルを共有することができます。
  4. ビデオ・音声通話機能:パソコンのマイクやカメラを使用して相手の顔を見ながら会話ができます。

便利機能は、ますます企業の働き方改革に寄与しています。多くの会社で取り入れられるようになってきています。

登録方法もPC、スマホで簡単にできます。

チャットワークの使い方

パソコンの使い方

チャットワークを一言で言えば、スマホでもパソコンでも使える、LINEのビジネスバージョンです。では、簡単便利なチャットワークの使い方をご説明していきましょう。

最初に、登録が必要になります。ChatWorkのHPにアクセスしまして、メールアドレスを登録します。

メールが届きます。今回は、無料版でOKです。ご自分の名前・パスワードを入力しますと、すぐに無料のフリープランで始められます。



同僚や友人を招待するにはどうすればよいのか?

チャットワークを開き、左上にあります「+」の印から「コンタクトの追加」をクリックして、友人のメアドを入力し同様にクリックします。

通常は、招待相手に承認してもらいますと、チャットが出来るようになります。

実際にチャットをする

今度は、実際にチャットしてみましょう。

チャット画面には、「😊」のボタンでは絵文字を添えてできます、「TO」のボタンでは、相手へのTOメッセージ送信ができます。

さらに「📎」のボタンでは、PDFなど営業資料やパワポ資料の共有ができます。この機能により、1対1でも複数人でも簡単にチャットができます。

仕事では膨大なチャット量をこなすため、忘れてしまう項目などもでてきてしまうと思います。

そのために、検索画面で「新着順」・「チャット別」・「ユーザー別」と検索ができる点で、大変助かり、業務の円滑と効率アップに繋がることがうれしいです。

チャットワークの料金

料金0円 無料

そもそも、利用上のお値段が気になるところですね。

登録をされるときここでは、4つのプランから選択ができます。

<スポンサーリンク>

それぞれの料金と特徴

フリープラン:まず無料でためしたい方

月額料金ゼロ円です。コンタクト無制限・14グループチャット・1対1でのビデオ通話・5GBストレージとなります。通常は、無料プランでも対応は十分に可能です。

パーソナルプラン:個人で導入したい方

月額料金400円です。コンタクト無制限・グループチャット無制限・複数人でのビデオ通話・10GBストレージ・広告の非表示

ビジネスプラン:組織で導入希望の場合

月額料金500円です。コンタクト無制限・グループチャット無制限・複数人でのビデオ通話・10GBストレージ/1ユーザー・広告の非表示・ユーザー管理・モバイル版アプリでの音声通話

エンタープライズプラン:管理機能強化対策のために

月額料金800円です。コンタクト無制限・グループチャット無制限・複数人でのビデオ通話・10GBストレージ・広告の非表示・ユーザー管理・モバイル版アプリでの音声通話
・社外ユーザー制限・IP、モバイル端末制限・専用URL機能・ファイル送受信制限・外部SNS制限・シングルサインオン・チャットログ・エクスポート・SLA(サービス品質保証)となります。

以上のように、格安料金で大企業から個人ユーザーまでを囲い込んでいます。

チャットワーク アプリについて

アプリ

チャットワークの魅力の1つに、どの端末でもアプリのインストールが簡単にできることにあります。

そのために、社内や自宅、出先からもスマホから利用することが可能になります。

アプリのダウンロードにつきまして、ブラウザ・デスクトップ・モバイル版が用意されています。今回は、デスクトップ版アプリを対象に見てみましょう。

デスクトップアプリ

「デスクトップ版アプリ」の項目には、Windows7以上/Macとあり、32bit,64bitとあります。そのアイコンをクリックしますとダウンロードが始まります。聞かれる事項を入力するだけで早速、利用が出来るようになります。

メアド、パスワードのみで始められます。また、チャットワークに関する説明資料や操作マニュアルなどダウンロードができます。クリックしますと、お役立ち資料の場面が、7項目もでてきます。必要となる資料をダウンロードして使うことができます。

この版の特徴は、1度に複数のチャットワークアカウントにログインが可能です。また、Gmail、Skypeなど他社のサービスも1ケ所にまとめて利用できます。

さらに、スクリーンショット機能も搭載されていて便利に使えます。



チャットパッドについて

チャットワークと似たようなサービスに「チャットパッド」があります。ブランド化されたチャットワークとは、全くサービス内容が違いますので誤解されませんよう注意が必要です。

この運営会社は、㈱モノリスと言います。ICT(情報通信技術)ソリューションで人と会社を豊かにするとの経営理念を掲げる企業です。サービス内容をよく確認しながら利用する必要もあります。

この会社のサービス利用者数も増加傾向にあるとのことです。では、このサービスの特徴はどのようなものでしょうか?

会社のHPの最初に、「1クリックで始まる!見知らぬ誰かとチャットサービス」のフレーズが目にとまります。普段の生活では出会うこともない見知らない人と、自由にチャット(雑談)を楽しめる新型のサービスです。

気軽性や出会いによる新発見の期待感をもたらすサービスにその特徴があります。

見ず知らずの人をランダムに選び、性別に関係なく1対1でチャットができます。
また、LINEのアプリですと公開されますが、このアプリでは秘密裏にチャットできるのが魅力になります。その反面、チャットによるトラブルには十二分の注意が要されますね。