生活

クレジットカードのセキュリティコードについて

クレジットカードのセキュリティコードについて

ネットショッピングをする際などに、「セキュリティコードを入力してください」と注意書きが出ることがありますが、セキュリティーコードにはいくつかの大切な役割があります。

今回は、そんなセキュリティコードについて、詳しくお話ししていきたいと思います。




セキュリティコードとは

セキュリティコードとは

インターネットショッピングをする場合に、クレジットカード決済の時にカードナンバーや有効期限とは切り離して入力が要求されるコードナンバーになります。

これは、お持ちのカードが不正に使用されるのを未然に防止するための特殊なコードのことをいいます。なお、このコードはほとんどのカードの裏面に3桁(表面4桁のカードもあります。)の数字が付与記載されています。

カードの決済時にセキュリティコードは、「利用者が確かにカードを所有しています」との証明をするために用いられています。



今のところ、磁気ストライブ情報の完全なスキミングがなされなければ安全性には問題は起きていません。そのために安心・安全の利用が多くなされているのが実情です。しかし、高度な情報化社会の弊害は、使用と不正とのイタチごっこの感も出てまいります。

もちろん、自己責任もありますが、双方が安全性の高いショッピング環境を作り上げることが重要ではないでしょうか。そこで問題点になる簡単なケースを挙げておきましょう。

  • フィッシング詐欺に遭遇して、カードの使用明細を不正入手(その前にカード番号などの情報は入手済の場合)されたときには、セキュリティコードの情報も入力される恐れがあります。
  • セキュリティコード保存は厳禁のために、定期的な支払取引ではその都度のコード入力が求められ煩わしさが残ります。
  • ショップサイドが不正にコードを保存しているケースでは、情報そのものがマルウェア(ソフトへの感染)、クラッキング(不正な侵入)によりまして外部に流出する恐れがあります。現実に起きている事象もあります。

カードの種類とセキュリティコードの位置

カードの種類とセキュリティコードの位置

visa(ビザ)カード

このカードでは、「裏面のサインパネルの右上に数字の末尾3桁が表示」されています。これがセキュリティコードになります。

また、バーチャルカードにつきましてはカードの表面の中ほど右にやはり数字の末尾3桁が表示されています。

JCBカード

セキュリティコードは、カードの裏面のサインパネル右上に「末尾3桁の数字が印字」されています。

更新・再発行などによりカードナンバーや有効期限が変更になった場合にも変更になります。

Amexカード

個人の事業者向けのカードが主力となります。このカードは、他のカードと大きく異なりセキュリティコードは「カード表面右側部分に小さく4桁の数字が印字」されています。

普通は3桁ですが、Amexのコードナンバーは4桁なので注意が必要になります。

カード番号も15桁となっていて、他のカードとの識別と差別化が図られています。初めて利用される方は、この違いを十分認識された上でのご利用をおすすめいたします。

<スポンサーリンク>

ネットショッピングの注意事項

ネットショッピングの注意事項

ネットショッピングの注意事項についても、お話ししておきます。

  1. ホームページの安全性のチェックをしましょう。個人情報を入力する場合に、SSLに暗号化された安全な画面であることを確認してから入力をいたしましょう。
  2. 買い物の記録や問い合わせ先の情報を保管しておきましょう。
  3. 取得したID・パスワードもしっかりと管理しましょう。

ネットショッピングをする際は、以上の点に気をつけてくださいね。



おわりに

今回は、セキュリティーコードについてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

セキュリティーコードの主な役割は、下記の3つになります。

  1. カードを確かに所有することを証明するものであること。
  2. インターネット上で、第三者の不正使用をシャットアウトできること。
  3. コードナンバーは、他人に分からないように管理をすること。

逆に、セキュリティーコードを知られてしまうと、第三者に悪用される恐れもあるので、絶対に人には教えないようにしてくださいね。