パソコン・スマホ

「ディレクトリ名が無効です」と出た場合の対処法

「ディレクトリ名が無効です」と出た場合の対処法

Microsoftが開発しリリースしているOSのWindowsを利用している場合、SDカードをパソコンのカードリーダーに挿入して読み込ませたり、USBメモリを挿入した際にディレクトリ名が無効というエラーが発生している旨を示す文言が表示される事があります。

SDカードやUSBメモリの他にあらゆるデータを記録しているハードディスクにアクセスを試みた時にも表示される事があります。

重要性が高いデータにアクセスできなくなり大きなトラブルに繋がってしまう可能性があるため、大切なデータを失わないためにも一つ一つ対処方法を講じていく事がポイントです。




「ディレクトリ名が無効」と表示される場合

「ディレクトリ名が無効」と表示される場合

ディレクトリ名が無効と表示されてしまっているパソコン以外の機器が手元にある場合には、他の機器を起動させて対象のSDカードなどを読み込ませて、正しく読み込みが行われているのかを確認しましょう。

また、ハードディスクにアクセスしようと試みている時に無効という表示が出ている時にはディスクを取り出して他の機器に繋ぐ事が可能であるのなら、一度取り出した上で接続し正しく駆動しているのかをチェックします。

取り出した後に相変わらずアクセスできない状態が断続的に続いてしまっているようなら、区切りの管理ツールというツール機能を用いてディスクチェックを施し修復に努めます。



ドライバーのアップデートを試す

ドライバーのアップデートを試す

続いてディスクに備わるドライバーにアップデートを施す方法を行うべく、コンピューターと記載されているアイコンを右クリックし管理という項目を選択しましょう。

管理という項目の中には記憶域という選択肢があるため記憶域の中にあるSDカードとUSBメモリ、外付けハードディスクといた選択肢を右クリックしプロパティを選びドライバーという項目にてドライバーの更新を選びます。

こうした複数のケアを施す事によりディレクトリ名が無効であるという文言が表示されても原因の特定に繋げられ、再度アクセスする事ができデータの取り出しが可能になるのですが、生じているトラブルが重度の場合にはこれらのケアを施しても依然として利用できない恐れがあります。

<スポンサーリンク>

それでも利用できない場合は?

それでも利用できない場合は?

依然として利用できない時にはSDカードなどのシステムを構築するための構成が壊れてしまっている可能性が高い事から、全面的に対応可能な復旧ソフトを使用してデータの保護に努めましょう。

復旧ソフトが行ってくれる作業とは自動的に行われるスキャンが完了するまで待機し、復元を希望するデータを選出しリカバリーを選ぶだけで修復が完了させられ安心です。

おわりに

今回は、「ディレクトリ名が無効です」と出た場合の対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「ディレクトリ名が無効」とでる場合には、いろいろな原因が考えられますので、1つづつ試していってくださいね。