パソコン・スマホ

ファイアウォールとは?設定方法と無効になる時の対処法

ファイアウォールとは?設定方法と無効になる時の対処法

ファイアウォールは、パソコンおセキュリティの重要なシステムのことですが、その役割をきちんと知っている方は意外と多くないのではないかと思います。

今回は、ファイアウォールの役割有効・無効の設定方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。




ファイアウォールとは?

ファイアウォールとは?

ファイアウォールとは、インターネットなどに接続しているパソコンに対する外部からの侵入などを防ぐために使われているシステムのことです。

インターネット上には、様々なことを目的として利用している人がいます。普通に使っているのではなく、他の人が使っているパソコンなどに侵入しデータを抜き取ったりウィルスなどを感染させようと考えている人も少なくありません。

そのような人が大勢利用しているインターネットに対し、何も対策をしないまま接続しているといつの間にか侵入されていることがあります。そのようなことを未然に防いでくれるのがファイアウォールーウォールと呼ばれているシステムで、利用目的に応じて設定が自由にできることが大きな特徴です。



ファイアウォールの役割

ファイアウォールの役割

ファイアウォールの特徴は、外部からの侵入などを防ぐだけではありません。

自分のパソコンにインストールされているソフトやファイルなども監視する対象となるため、内部間でのアクセスをストップさせることもあります。

自分が使っているときにもブロックされてしまうことがあるため、利用目的に応じて無効にすることも可能です。搭載されているOSがWindowsやMacに関わらず、ほとんどのパソコンでファイアウォールは有効にされていることがほとんどになっています。

<スポンサーリンク>

ファイアウォールの注意点

ファイアウォールの注意点

有効に設定されている状態になってるため、インストールするウィルス対策ソフトに同じような機能が搭載されている場合は注意しなければいけません。

お互いに監視してしてしまうことがあるため、そのままの状態ではパソコンの動きが不安定になったり使えないといった不具合が発生することが少なくありません。

ウィルス対策ソフトによっては、インストールする時に自動的に無効にするものもあります。しかし、そのような設定は自分でしなければいけない製品もあるため、自分のパソコンに導入する場合は説明書などをしっかりと読むようにしましょう。



ファイアーウォールを有効・無効に設定するには?

いつものようにパソコンを利用している時に、インターネットなどに接続できないというトラブルが発生する場合も珍しくありません。

他の人となどと情報をやり取りしている場合に、共有ホルダーなどが使えなくなるということもあります。このようなトラブルは、ファイアウォールによって発生していることもあるのが特徴です。このような場合も、無効に設定することで解消することがあります。

自分で無効にする場合は、コントロールパネルから設定を変更していくことが必要です。コントロールパネルから設定を選択すると、有効と無効を選ぶ画面が表示されます。通常は有効になっていますが、クリックするだけで解除することができます。

おわりに

今回は、ファイアウォールの役割と有効・無効にする方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ファイアーウォールをきちんと設定して、ご自身の大切なパソコンを守るようにしてくださいね。