趣味

自家用ヘリコプターの値段や中古金額・ヘリのチャーター料金について

自家用ヘリコプターの値段や中古金額・ヘリのチャーター料金について

世の中は広く、自ら操縦し数台も保有するお金持ちもいらっしゃいますが、ヘリコプターの値段というのは、世間一般にあまり知られてないと思います。

そこで今回は、小型ヘリコプターの値段ヘリのチャーター料金などについてご紹介していこうと思います。




ヘリコプターの値段

ヘリコプターの値段

ヘリコプターの値段はタイプによりますので、まずそのタイプ別の機種から見てまいりましょう。

①ピストン機

別名はレシプロ機と言われています。つまり、レシプロエンジン(タービンエンジンのことです。)を搭載したタイプになります。

その構造は、一般的な自動車と原理は同じくなります。燃料(ガソリンや軽油など)を吸入・圧縮・爆発・排気のサイクルエンジンです。これにより、回転運動に変換させることができるタイプのエンジンになります。

この機種の価格は、約2,000万円から5,000万円超になります。



②タービン機

これはジェットエンジンを搭載するヘリコプターを言います。水車では羽根に水をかけて、そのエネルーギーにより回転します。これは、流体の運動を直接的に回転運動に変換させることができる回転機の原理にあります。

ジェットエンジンの燃焼室から出た排気ガスは、タービンを回し燃料を圧縮しさらに回転させ、その圧縮空気と燃やされた排出ガスを利用して最終的にプロペラを回転させるここができます。

この単純な原理は、軽量のエンジンにより高出力、高速度が確保されます。しかし、燃費が悪いとの欠点もあります。この価格相場は、約1億円から5億円以上になるとのことです。

自家用ヘリコプターの値段

自家用ヘリは、以前は富裕層の娯楽というイメージでしたが、以前に比べて自家用ヘリコプター入手が容易になってきました。

ここでは、自家用ヘリで人気の陸上単発ピストンエンジンを搭載しました2機種をご紹介します。

ロビンソン・ヘリコプターR22

ロビンソン・ヘリコプターR22

世界的な自家用機として代表的なものです。

2人乗りでトレーニング機としてもその名を馳せていますね。なかなかの優れもので超ロングセラーとなっています。

お値段は、諸経費を込みまして3,500万円ほどになります。

<スポンサーリンク>

ロビンソン・ヘリコプターR44

ロビンソン・ヘリコプターR44

1990年の開発以来からのロングベストセラー機種になります。文字どおり自家用ヘリとして国内外からの需要にお応えしています。

このキャチコピーは圧巻です。「ピストンヘリコプターの価格でタービンヘリコプターの性能を味わえる。」とあります。この自信によりアメージングな空の旅が体験できますね。

この価格は、およそ6,000万円になります。

ヘリコプターのチャーター料金

ヘリコプターのチャーター料金

ヘリコプターの貸し切りにも様々なシーンがあります。まずプライベートによるヘリコプターチャーターをしたケースについてお話いたします。例えば、思い出の遊覧飛行にスポットを当ててみましょう。

東京上空の遊覧では、レインボーブリッジ、浅草、スカイツリーの周辺になります。約10分の遊覧で30,000円になります。3名様の搭乗で何と10,000円ですね。

それでは、例えばビジネスとして東京ヘリポートから、御殿場・箱根方面(片道飛行時間約30分)のフライトではどのくらいかかるのでしょうか。

機種は、シルコスキー式S-76型になります。定員8名~10名様、乗員1名になります。巡航速度は、190㎞/h~240㎞/hです。航続時間は、約3時間になります。この機種での料金は、およそ120万円(税別)とのことです。



中古ヘリコプターの料金

中古ヘリコプターの料金

中古機の物件情報も様々ですが、ロビンソンの単発ピストンR-22から見てまいりましょう。座席数2台でおよそ1,900万円です。製造は、2002年式になります。

同様にR-44クリッパーになりますと、座席数4台でおよそ3,500万円となります。米国製ですが製造は、2002年式になります。

なお、この価格には仲介手数料(5~7%になります。)や消費税、検査費用、運送費用などの周辺にかかる費用は含まれていません。