旅行

広島おすすめの観光スポット!季節ごとの服装もご紹介!

広島おすすめの観光スポット!季節ごとの服装もご紹介!

安芸の宮島や厳島神社、世界平和祈念聖堂や原爆ドームなどを擁する広島県は、国内だけでなく世界中から多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

ここではそんな広島県を旅するにあたっての見所、魅力についてお話ししていきたいと思います。




広島のおすすめ観光スポット

おすすめ1.厳島神社

広島観光 厳島神社

ユネスコの世界遺産、そして国の重要文化財にも登録されている神社で、海上に浮かんでいるように見える朱色の大鳥居は、あまりにも有名なのではないでしょうか。

神社のある宮島へはフェリーでしか渡れませんが、約15分間隔で運行しており、約10分で桟橋まで到着できます。

おすすめ2.広島平和記念碑(原爆ドーム)

広島観光 原爆ドーム

厳島神社と同じく世界遺産に登録されているのが、負の世界遺産とも呼ばれる原爆ドームです。

内部に立ち入る事はできませんが、平和のありがたみや大切さを肌で感じられる
場所ですので、ぜひ訪れてみて欲しいと思います。



おすすめ3.大和ミュージアム

広島観光 大和ミュージアム

旧日本海軍が建造した巨大戦艦<大和>は広島県呉市にて建造されました。その由来により呉市には戦艦大和をテーマにした博物館、大和ミュージアムが存在します。

10分の1スケールの大和や、戦時中の実物資料展示など、見所沢山の博物館となっています。

おすすめ4.尾道・鞆の浦

広島観光 尾道の街並み

海に面しているため、景観としても観光スポットが多く存在します。

まず志賀直哉が実際に過ごしていた旧居のある尾道は坂の町とも言われ、1200年の歴史を持つ千光寺からは向島や因島などの島々が一望できます。

また、港町でもある鞆の浦は、美しい日本の歴史的風土100選にも選ばれており、江戸時代から残る街並みも散策には最適です。

<スポンサーリンク>

おすすめ5.広島県立美術館

広島県立美術館 バーチャルツアー

(写真のバーチャルツアー・バーチャルギャラリーは広島県立美術館ホームページからご覧いただけます)

広島県立美術館は広島県広島市中区にある美術館であり、中国地方初の公立美術館として開館した事でも有名です。

館内には図書室、ミュージアムショップ、レストランなども開設されており、広島にゆかりのある画家の作品、アジアの工芸品や世界の美術品などの多数所蔵されています。

また、日本の歴史公園100選にも選ばれている庭園<縮景園>が隣接しており(元々美術館は縮景園の敷地の一部)、所蔵作品展と縮景園の共通券も販売されています。

入館料もリーズナブルですので、芸術に興味がおありの方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 一般:510円(縮景園との共通券は610円)
  • 大学生:310円(縮景園との共通券は350円)
  • 高校生以下:無料

観光スポットの口コミをチェック!

じゃらん 広島観光スポット口コミ

広島には、ここだけでは紹介しきれない魅力的な観光スポットがたくさんあります!

「他にも色々と見てみたい」という方は、じゃらん.netなどでも実際に観光した方の口コミがチェックできるので、ぜひ見てみてください。

じゃらん.netで
広島観光の口コミをチェック!

旅行に行く前に・・・10日後の天気は大丈夫?

広島観光 10日間の天気

旅行に行く際、最も気になるのが天気ですよね。ここでご紹介したいのが、「tenki.jp」。

日本気象協会が運営している、天気予報を提供するウェブサイトです。通常週間天気予報と言えば文字通りこの先1週間の天気が確認できますが、ここでは10日間の、しかも市町村別の詳細な天気を知ることができます。

1日ごとに見ても3時、9時、15時、21時のそれぞれの天気、気温、降水確率や湿度まで事細かに閲覧でき、紫外線や熱中症の危険性に至るまで網羅されています。

天気予報だけでなく、花の開花情報や花粉情報などの季節ごとのお役立ち情報なども組み込まれていますので、楽しみながら天気に関する情報を収集する事が出来ますよ。

各天気予報サイトの特徴!週間・10日間・2週間の予報について
各天気予報サイトの特徴!週間・10日間・2週間の予報についてインターネットで天気予報を調べようとすると、いろいろな種類の天気予報サイトがあり、どれを使うか迷ってしまいますよね。 「気象庁」「日本気象協会(tenki.jp)」「ウェザーニュース」など、それぞれ天気予報や紫外線情報・雨雲情報など見れる情報に特徴がありますので、ぜひお気に入りの天気予報を見ていただければと思います。...

<スポンサーリンク>

季節ごとのおすすめの服装

季節ごとの服装

天気と並び、観光するにあたって気になるのが服装ですよね。広島の気温や服装について
季節ごとにご紹介しますと、次のようになります。

春・・・4月に入ると平均気温は20度を超えてきます。4月上旬は桜のベストシーズンとなりますが、朝晩はまだ冷え込むため、長袖シャツ1枚にジャケットを羽織るくらいの服装が適していると思われます。

夏・・・7月中旬から梅雨明けを迎え、夏本番になってきます。7月、そして1年で1番暑い8月は35度を超える猛暑日もあり、薄着の服装がお勧めです。但し、9月も下旬に差し掛かると朝晩は肌寒くなるため、何か薄手の羽織るものを用意されると良いでしょう。

秋・・・10月は長袖シャツ1枚で散策できる快適なシーズンです。紅葉の最盛期というべき11月は最高気温が20度を下回る日も出てくるため、ジャケットやセーターなどが必要となるでしょう。12月になると冬の始まりとも言える寒さになるため、コートや厚手のジャケットなどを準備された方が良いと思われます。

冬・・・中国山地を挟んで日本海側では雨や雪がよく降ります。逆に瀬戸内海側では晴天の日が続きますが、朝の冷え込みが厳しいことがあります。厚手のコートやダウンジャケットなどを用意される事はもちろん、日本海側を中心に気温が氷点下に達する事もありますので、ヒールの高いものなど歩きにくい靴は避けた方が無難です。

おまけ:広島空港の快適ラウンジ

広島空港ラウンジ もみじ

(写真は広島空港ホームページより引用)

広島空港には国内線に5つ、国際線に2つと計7つのラウンジがあります。その中でも
快適さで言えば最高峰と謳われているのが「ビジネスラウンジ もみじ」です。

広島空港のホームページに掲載されているクレジットカードをお持ちの方は無料で利用でき(対象カードを持っていない方は1620円で使用できます)、ゆっくりくつろげる一人掛けのソファや、無料のマッサージチェアなどが設置されています。

全体的にプライベートを重視した作りになっており、個人用のパソコンやテレビなども完備されています。もちろんドリンクコーナーやお手洗いも揃っていますので、個人の時間を楽しみつつ搭乗までの時間を過ごす事ができます。



おわりに

広島お土産 もみじまんじゅう

ここまで広島の魅力についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

広島県は季節ごとの見所も多く、歴史や景観にも触れられる国内有数の観光スポットです。

広島焼や牡蠣、尾道ラーメンなど、食についても沢山の名物がありますので、観光と併せて是非ご堪能頂ければと思います。