パソコン・スマホ

iPhoneのミラーリングとは?必要な機器やおすすめポイントについて

iPhoneのミラーリングとは?必要な機器やおすすめポイントについて

iPhoneにはミラーリングという機能がありますが、あるのは知っているけれど、使ったことがなくて、今更聞くこともできない・・・。そんなことはありませんか?

ほかにもたくさんの機能があって、今更聞くに聞けない事ってたくさんあると思います。

今回は、iPhoneのミラーリングについて、ご紹介させていただきたいと思います。

ミラーリングとは

ミラーリングとは

ミラーリングとは、iPhoneの画面と音声をネットワークでAppleTVに転送する仕組みのことを言います。転送自体は、ほぼリアルタイムで行われていて、iPhoneの画面と音がAppleTVに接続されているディスプレイに映し出されるのです。すごい機能ですよね。

用途も色々ありますが、ポイントとしては、AppleTVに接続をされた大画面のディスプレイにワイヤレスで、iPhoneの画面や音声を出力することができることです。

KeynoteやPDFといった文章をiPhoneに表示できれば、そのまま大画面に映し出すことができるので、パソコンにファイルを転送しなくてはいけないなどの面倒な作業も必要ありません。

データ自体は、iPhoneからWi-Fiで転送ができるため、ケーブルもいらないといったお手軽さです。

HDMI端子を備えている映像機器を使用すれば、AppleTVに接続できるため、100インチを超えるような大きなプロジェクターの大画面でも使用できるのも魅力の一つです。結婚式などの時に大画面で使用するのもいいかもしれませんね。

ミラーリングに必要な機器

ミラーリングに必要な機器

無線接続に使える機器は色々ありますが、今回は一般的に利用されるAppleTVについてご紹介させて頂きます。

AppleTVは、テレビを使って、動画や写真などの様々なインターネットコンテンツをお楽しみいただけるデバイスです。専用のリモコンがついていて、iPhoneを持っていなくても単体で使用もできる優れものです。このAppleTVにiPhoneやiPadなどのIOS搭載のデバイスをWi-Fiで接続すれば、簡単にスマホの画面をミラーリングすることができます。

少し前までは、ケーブルが必要でしたが、現在では、基本的に必要な機器としては。お持ちのiPhoneとAppleTVとHDMIケーブルがあればほかに必要なものはありませんよ。

<スポンサーリンク>

ミラーリングの手順

ミラーリングの手順

iPhoneの画面を無線でミラーリングするためには、AppleTVとHDMIケーブルが必要ですが、無線でiPhoneの画面をTVに映すには、iPhoneとAppleTVが、同じWi-Fiネットワークであることが条件です。

この方法のメリットとしては、ケーブルがなくて離れた位置からでも操作ができるということです。デメリットもあります。ネットワークの環境によって、画質が低下してしまったり、遅延が起きてしまう可能性が高いことです。

  1. まずは、お持ちのiPhoneを、Wi-Fiに接続してください。
  2. 次にAppleTVに電源コードと、HDMIケーブルをさして、HDMIケーブルを、テレビんHDMI端子に接続します。
  3. 次に、AppleTVノ設定から、Wi-Fiへの接続設定をして、Wi-Fiに接続を行ってください。
  4. 終了したら、iPhoneのホーム画面を、下から上にスワイプして、コントロールセンターを開いて、AirPiayをタップしましょう。
  5. AirPiayの画面が表示されますので、AppleTVのミラーリングをオンに設定してください。そのあとすぐに、iPhoneの画面が、TVに表示されます。

ちなみに、iPhoneを傾けると相対的にテレビの画面まで傾くといった、見事なミラーリングなのです。面白いですね。

ミラーリングのおすすめポイント

ミラーリングのおすすめポイント

まずは、やはり大画面で動画や写真を見ることができることや、簡単に資料などをスクリーンに表示できるので、会議などでもとても役に立ちます。

いちいち手間が省けて、効率的に作業も進みます。私的には、ご年配の方は特に、お孫さんの写真や動画を見るのに小さい画面では見にくいと思います。

そんな時に、大画面に転送できれば、より見やすく楽しい時間ができると思います。思い出も更に大きくなることと思います。

おわりに

今回は、iPhoneのミラーリングについてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

運動会や発表会などの動画も、見に行くことができなくても、遠くに住んでいても、身近に感じることができるのではないでしょうか?

ぜひ使ってみてくださいね。