お金・法律関係

架空請求の手口と対策〜請求業者の確認方法について〜

架空請求の手口と対策〜請求業者の確認方法について〜

普段いかがわしいサイトなどを利用したことがないのに、架空請求の封筒やメールが来ることがあります。

身に覚えがなくても、インターネットで何かボタンを押したりして、登録してしまったのではないかと不安になってしまうと思います。

そこで今回は、架空請求の手口業者の確認方法などの対策について、ご紹介していきたいと思います。




架空請求の手口

架空請求の手口

ほとんどの人は、あからさまな架空請求のものが来たとしてもお金を支払いませんが、たまに支払ってしまう人がいるため架空請求業者がもうかることになり、このような手口が続いているわけです。

男性ならば、一度ぐらいはいかがわしいサイトにアクセスしたことがあると思いますので、もしかしたら「そのときお金が発生してしまったのではないか?」と不安に感じる人もいるはずです。

支払わなければ、違約金を払わなければなりません」と警告してくるので余計に追い込まれてしまうことになります。



架空請求の対策

基本的には封書やメールは無視

無視

そのような封書やメールが届いた場合には、まず相手にする必要ありません

相手としてはそこまで強制的に何かをしてくることできない(また、その手間をかけない)ので無視してしまって問題ありません。

メールは、中に記載してあるURLをクリックしてしまうと、クリックしたことが相手にわかってしまいますので、たとえメールを開いてしまってもURLだけはクリックしないようにしましょう。

業者の名前を調べる

検索

ただ、それでも不安な場合には、業者の名前を調べてみるのも1つの手です。

インターネットでその会社の名前・住所・電話番号などを検索れば、まっとうな会社の場合は公式ホームページが出てくるはずです。

そもそも、メールや封書に会社名の記載がない場合は、無視してしまって構いません。

債権回収の手口の場合

番号をチェック

債権回収の手口の場合、対策として債権回収業者の名前を調べてみると良いでしょう。

手封書やメールなどで「債権回収業者の方で債権を回収するので、その分支払ってほしい」と請求額がくるわけです。

一昔前ならば、本当にその債権回収業者が存在するのかどうかわかりませんでしたが、現在はインターネットがあるため簡単に調べることができます。

登録している債権回収業者は、インターネット上で閲覧することができそれぞれ番号が割り振られていますので、下記のページでその番号を調べれば本物かどうかが判断できるでしょう。

債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧(法務局)

もしここで架空の請求業者だとわかれば、わざわざ相手の手口に乗ることなく何もせず放置しておけばよいことになります。

<スポンサーリンク>

架空請求とわかっても電話で煽るようなことはNG

よく、インターネットの動画などで債権回収業者に対して電話をしているやり方がありますが、基本的にそのやり方は危険ですのでやめましょう

動画でのやり方は、動画のアクセスを稼ぐためにあのようなやり方をしているわけで、アクセスを稼げば、それだけ広告料をとることができるため、より過激なやり方をする人が多いです。

このやり方は非常にリスクがあり、危険になりますので参考にしてはいけません。

もし、煽る目的でなくても電話してしまった場合は、それ以降電話はしないようにしましょう。電話がかかってきても出ないようにして、しつこくかかってくる場合は着信拒否に設定しましょう。

おわりに

今回は、架空請求の手口対策についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

心配な場合には、弁護士などに依頼する必要ありませんが、警察の方に同様の被害がないかを確かめてみる必要があります。

それが難しければ、業者の名前をインターネットなどで調べてみましょう。そうすると必ず前例があり架空請求業者と判断できるはずです。

このように、インターネット検索等の対策をすれば、たいていの場合相手のやり方に騙されずに対応することができます。