生活

高齢者向け脳トレ用プリントやレクリエーションについて

高齢者向け脳トレ用プリントやレクリエーションについて

近頃では、脳トレーニングが、高齢者のレクレーションの場でも活用されていますね。

脳のトレーニングで柔軟性や考える場を与えることで、脳年齢の若返り・また痴呆症の予防などになります。

レクリエーションなのですから、簡単に楽しくできることから始めてみましょう。




脳トレクイズや計算問題の効果

脳トレクイズや計算問題の効果

高齢者向けでの脳トレーニングおいては、無理は禁物になります。できないことでストレスを溜めってしまっては高齢者の方にストレスがかかってしまいます。

まずは簡単な計算問題やリズム体操から始めて見ることも大切です。簡単ことから始めてみることで、高齢者の人は自信も出てきますね。

脳トレーニングは「脳の機能」を使うことに意味があります。脳の低下を予防するために、脳トレクイズやリズム体操や計算問題を使ってみましょう。

ごぼう先生の足踏み体操も脳トレーニングのリズム体操になりので同じ用途に使うことができます。そこには家族や施設職員と高齢者のコミュニケーションがある事がとても大事なことになるでしょう。



脳トレプリントをダウンロードできるサイト

計算問題を自動作成したい方におすすめ!

計算問題を自動作成したい方におすすめ!

算数の計算問題を自動作成

高齢者の脳トレ用プリントを作成!

高齢者の脳トレ用プリントを作成!

シニアレク会館

認知機能レベルに合わせてプリント作成!

認知機能レベルに合わせてプリント作成!

ちびむすドリル

<スポンサーリンク>

脳トレ体操の効果

ごぼう先生の足踏み体操で、脳活を活性させる方法です。楽しく体を動かしながら脳トレーニングしてみましょう。

イスに座ったまま足踏み体操してみましょう。3つのを組み合わせて座ったまま足踏み体操をしていきます。ごぼう先生の体操は元気よく笑顔でできる体操です。



1つ目

ごぼう先生の足踏みで 「あいうえお」など声の出し方を変えながら足踏みをしていきましょう。

「わおん」「あかさたな」まで つづけていきましょう。体を動かしながら次はなんの言葉がくると考えることで、脳を動かすことで脳トレーニングができます。

2つ目

次は、やはり同じように足踏みをしながら、掛け算をしてみましょう。

まず簡単な3の倍数から始めてみましょう。3.6.9.12.15.などで、30までつづけてみてください。

高齢者の皆さんと一緒に数字を決めるなど、提案して考える楽しみを持たせること、高齢者の方が楽しめる工夫をしていくことが大切なポイントになります。

3つ目

数字を言葉に変えるお題編、3つ目は少し難易度をあげてみましょう。

数字を野菜の名前に置き換えることで、足踏み体操をしてみましょう。5と10の場所では、野菜や地名などを入れてみてください。ここでは体操を通じて、気持ちのコミニケーションを取ることが大切になっていきます。

間違えてしまったらダメとかではありません。できるできないではなく、高齢者さんの笑顔引き出すことが大切になります。ごぼう先生の座ったまま体操でたくさんの方の笑顔にしてください。

<スポンサーリンク>

高齢者レクリエーションの効果

高齢者レクリエーションの効果

高齢者のレクリエーションでは、どんな効果出るのでしょうか。何を目的にしていくかも大切なことになります。

高齢者のレクリエーションで記憶力を高めたり、時間や場所の認識できるようにすることができます。また読み書きや言葉を話すことで、脳を活性させてくれます。これを認知機能と言います。

脳は20歳頃まで発達してくれるのですが、20歳を超えると発達はゆっくりとく下り坂になります。このように発達が止まってしまうと年と共に少しずつ脳が小さくなっていき、認知機能低下していきます。

この認知機能低下防ぐためには、レクリエーションが大切になっていきます。レクレーションでは、やはり人と人のやり取りやコミニケーションが大切ですね。

おわりに

高齢者の方々は、他人を気遣うことや、また他人コミュニケーションが脳の刺激になります。それには相手の話を丁寧に聞いてあげることです。

また、高齢者に対して的確な答えを返すなどの配慮することで相手に興味を持たせるようしてあげてください。高齢者が上手く他人とコミュニケーションを取れるようになることが認知症予防になります。

脳トレーニングのリズム体操や計算で、脳を活性化させて脳を動かすことから始めてみると良いでしょう。