趣味

桜マーク付きライフジャケットについて

桜マーク付きライフジャケットについて

小型船舶に乗る時には、ライフジャケットの着用が義務付けらているのをご存知でしょうか。平成30年2月1日から全面義務化されました。ライフジャケットを装着しておくことで、海での生存確率が2倍以上あがると言われています。

従来は、12歳未満の小児や1人で魚船などでは着用が義務づけらていました。この義務の範囲に30年2月から小型船舶でのライフジャケット着用も加わり義務付けられたのです。

違反者が居ると船長さんは、最大6ヶ月の免許停止になることもあります。海での安全性をも守るのも大切なマナーの一つです。




桜マークとは

桜マークとは

ライフジャケットの桜マークとはどんな意味を持つモノなのでしょうか。桜マークが付いたライフジャケットは、国の安全基準への適合が確認されたジャケットになります。

輸入品などの桜マークが付いていないジャケットでは、違反になってしまいます。国土交通省が試験した安全基準への適合を確認出来た、ライフジャケットは必ず検定に合格した印の桜マークが付けられているのです。

ライフジャケットおいての着用義務化は平成30年2月1日から適用されました。平成34年1月31日までは、一応点数はされませんが法令違反が発生します。



桜マーク付きのおすすめライフジャケット

桜マークが付いたライフジャケットには、種類があります。どんな種類があるのかをご紹介します。

タイプA

  • 桜マーク付きライフジャケット
  • 国土省認定商品 船舶検査適合C-2型
  • 色はイエローオレンジで発見されやすい色になっています。
  • サーチライト反射板する反射板付きです。
  • 居場所知らせる笛付き
  • 水害対策国土省認定品
  • 価格2008円〜

タイプA 小型船舶使用可能コンパクトタイプ

普段の装着している時はコンパクトに畳まれています。手動レバーで膨張します。

  • 手動式ライフジャケット桜マーク付き
  • 手動膨張式 桜マーク 国土交通省型式承認品
  • 首掛け型 オーシャンLG-3型 浮力10.6g
  • 反射板付き
  • 居場所知らせる笛付き
  • ブラック レッド ブルー色は自由
  • 浮力付き 10.6kg
  • ボンベ&スプールを取り替えることで再使用可能
  • 船舶検査対応

大人の釣りなどに使用するに、スッキリした、ライフジャケットです。

<スポンサーリンク>

タイプF 大人用国土交通省型式式承認品 BSJ-26RS

  • 色は自由です。
  • 浮力 9.0kg

価格色柄も様々になります。

タイプF ライフジャケット 子供用救命器具小型船舶用救命胴衣 BSJ-210C

12歳未満着用するライフジャケット3種類あります。子供の体重によって選ぶことが必要になります

  • 15kg未満の小児用URL
  • 15kg25kg未満の小児用
  • 25kg40kg未満小児用

柄とも様々になります。桜マークが入ったモノをおすすめします。

タイプGのライフジャケット

タイプGのライフジャケットは、小型船舶用浮力補助具になります。笛、反射板がついていません。浮力規定は、5.85kg低いです。

国土交通省型式承認品は、笛や射板が付いていて、浮力が7.5kg以上ないといけません。このタイプGのライフジャケットは、不沈性能を有する船舶で平水区域を航行する場合以外では使用出来ません。

タイプGのライフジャケットにも国交省の認定を受けているため桜マークがあります。購入の場合は、教示されいるタイプ確認を忘れずにしてください。タイブGと表示されいるものは、桜マークがあっても沿岸区域より外に出る時や小型船舶での着用は違反になります。



おわりに

小型船舶での、ライフジャケットの着用が義務付けられ、平成30年2月1日から全面義務になり、ライフジャケットを装着の使用は変わりました。ライフジャケットを着用することで海での生存確率が2倍以上になります。

夏の海遊びや一年中可能な小型船舶での釣りには、ライフジャケットは必ず必要になります。ご自身使用に合ったモノ選びましょう。

また桜マークマーク合っても、使用できないライフジャケットもあります。ジャケットに記載されいるタイプ別表示も確認してください。そして安全に海ライフを楽しでください。