生活

楽天市場のポイントの使い方!ポイントや購入履歴の確認方法について

楽天スーパーポイントも楽天ポイントもポイントが共通化

「楽市楽座」が由来となっている「楽天市場」ですが、いまでは利用者も多くなり、Amazonと並ぶインターネットサービスとなっています。

今回はそんな楽天市場の使い方について、「購入履歴の確認方法」や「ポイントの使い方」などについてまとめていきたいと思います。




購入履歴の確認方法

楽天市場の購入履歴

ウェブサイトから楽天市場購入履歴の利用方法を覚えていると便利です。

1回商品を買い上げ、また何か月後か同じ物を購入したり、他の人にも紹介したい時は、これらの購入履歴を閲覧すると探す手間が省けて手っ取り早いと思います。

忘れていた思い出の店舗やグルメな店舗の名称とか感動した商品名など、現在に至るまでの検索履歴を使うとすぐに探せるので、思い返す余計な手間が省けるはずです。

購入履歴は、楽天市場トップページの一番右上にあります。

  • ログインしていない場合は遷移したページでログインします。ログインが完了すると「購入履歴一覧」が表示されます。
  • もう一度購入する」ボタンがある商品は、ボタンを押すだけでもう一度購入する事が出来るので、再度商品を探す手間が省けると思います。
  • 注文は10分前後で購入履歴に反映され、注文をキャンセルしたり変更した場合は、ショップが処理を行った翌日以降に反映されます。



注文履歴の確認方法について

よくある事例を掲載していきます。

注文履歴を確認したい(楽天会員IDを利用した注文)

購入履歴」のページにアクセスすると、利用店舗名や商品名、注文個数や配送先など、注文時に入力した詳しい情報を確認できます。

注文後、10分前後で購入履歴一覧に反映されます。すぐに確認したい場合は、注文後に楽天市場から配信される「注文確認メール」を確認してみてください。

注文履歴を確認したい(楽天会員IDを利用していない注文)

楽天会員IDを利用せずに注文した情報は、注文時に配信される「注文内容ご確認(自動配信メール)」より確認できます。または「注文内容確認フォーム」から確認できます。

もし確認フォームに反映されておらず、注文確認メールも受け取っていない場合は、利用ショップまで直接問い合わせて、注文が入っているかをどうかご確認ください。

楽天市場から注文確認メールが届かない

「注文確認メール」は、注文手続き完了後すぐ、自動的に配信されます。

注文手続きが最後まで完了していなかった、もしくは迷惑メールフォルダに振り分けられている等の可能性が考えられます。メールが受信できない状況が続くようであれば、一度メールサービス提供元まで相談してみてください。

ショップから注文確認メールが届かない

ショップからの注文確認メールは、ショップ毎に送信タイミングが異なります。

ショップによっては、注文確認メールを配信していないケースもあるため、不明な点やお急ぎの場合はショップまで直接お問い合わせください。

楽天ポイントの確認方法

楽天ポイントクラブ

ポイント獲得方法は、通常購入・共同購入・スーパーオークション・予約商品購入・定期商品購入で100円に付き1ポイント付きます。

楽天ポイントの貯まったポイント数については、楽天PointClubから確認することができます。

確認するうえで、ポイントの反映はお店によりタイミングは異なり、お店でのお買い物から数日後になり、獲得したポイントはポイント利用獲得履歴から確認することが出来ます。

<スポンサーリンク>

ポイントは何と交換できるのか?

楽天ポイントを使えるお店・利用方法

楽天ポイントは、電子マネーの楽天Edyとポイントを交換してコンビニやスーパーなどのお買い物に使う方法や、楽天市場で使う方法と楽天ポイントが買い物に付いたり、買い物にポイントが使える加盟店が日本には約1400店舗あります。

楽天カードの公式ホームページで、頻繁に行われているキャンペーンやプレゼントを確認したり、交換レートやポイントが使える所を調べてみる事をお薦めします。

現在は様々なリアル店舗ポイントを使えて、代表的なところでいえば下記のようなお店があります。

  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • くら寿司
  • コンビニ(ポプラ、スリーエイト)
  • ツルハドラッグ

利用できる店舗について詳しくはこちら

ポイントの使い方

楽天スーパーポイントと楽天ポイントの違いについて

楽天スーパーポイントは主に楽天の運営するショッピングモール「楽天市場」内で貯めることができたり使用することのできるポイントになります。

楽天ポイントは一時期「Rポイント」とも呼ばれていた共通ポイントカードの利用で付与されるポイントの事です。楽天市場のみならずTポイントや、dポイント、Pontaポイントなどといった他社のポイントとその加盟店でも利用することができるポイントになります。

楽天スーパーポイントも楽天ポイントに共通化されました

このように基本的には付与されるサービスや利用できる場所が異なる2つのポイントですが、楽天スーパーポイントも楽天ポイントもポイントが共通化されているので実際には同じポイントと考えて問題ありません。

ポイントは、楽天ポイントカードを利用登録する事で使用出来るようになります。

注意して欲しい事は、利用登録をしなくてもポイントを貯めることだけは出来るので、登録せずにポイントを貯めて後々交換しようとしても発行後12か月以内に利用登録をしなければせっかく貯まったポイントは全て失効してしまいます。

楽天ポイントの期限について

楽天ポイントの期限について

楽天ポイントは、通常ポイント期間限定ポイントの2種類あります。

通常ポイントは、ポイント獲得日は利用したサービスによって違うのですが、楽天市場だと注文日から20日後に獲得できます。

有効期限は獲得した月を含めて1年間で、例えば1月に獲得すると12月末日迄、新たに通常ポイントを獲得すると延長されて、その月からまた1年間となります。

期間ポイントは、キャンペーンや楽天カードを作成した時などの、通常以外でもらえるポイントが期間限定ポイントです。

もらえるポイントによって有効期限が違うのが特徴で、獲得日はキャンペーンだと大体翌月の15日ですが、違う事もあるのでキャンペーンの詳細に書いてある獲得日と有効期限を必ず確認する事がこのポイントを賢く利用するコツだと思います。

その有効期限については、楽店Pointciubからご確認ください。