ビジネス

レインズ(不動産情報)システムについて

レインズ(不動産情報)システムについて

レインズ(REINS)とは、不動産流通標準情報システムの略称のことです。

国土交通省及び不動産流通推進センターが共同で開発し、国土交通大臣から指定を受けた全国4箇所の不動産流通機構が運営している不動産情報の交換をするのための「コンピュータ・ネットワーク・オンラインシステム」です。

今回は、レインズについて詳しくご紹介していこうと思います。




レインズとは?

レインズ不動産とは?

全国に大型汎用機(ホストコンピュータ)を設置し、会員不動産業者の端末機と結び、物件の登録や検索などをすべてオンラインで迅速に処理しています。会員は、パソコンを使用するIP型会員とNTTBizFAX経由でレインズ日報情報・各種証明書を受信するF型会員の2種類があります。

広く迅速に相手方や物件の検索を行うために、平成2年5月からレインズが導入されました。レインズには全国の取引事例が刻々報告されており、その豊富な取引事例を蓄積を元に、市況を把握し理解するための最適な資料を提供してくれます。



レインズ不動産の仕組み

レインズ不動産の仕組み

指定の流通機構に会員登録している不動産会社が、売主から不動産の売却を受け、その不動産情報をレインズにて登録します。一方、不動産の購入を希望される買主は、依頼をした指定流通機構に会員登録している不動産会社にレインズにて物件を検索してもらいます。

このようにレインズを利用すると、不動産の情報を提供したり、受け取ったりという不動産の情報交換がリアルタイムで行われるのです。

ただし、すべての物件がレインズに登録されるわけではありません。レインズに物件登録を法律上義務づけされているのは、売却以来業者は1社のみの「専任専属媒介契約」もしくは「専任媒介契約」を締結された場合のみです。何社でも売却依頼ができる「一般媒介契約」の場合は、レインズに登録する義務はありません。もっとも、法律では積極的に登録するようにとされていますけどね。

専属媒介契約を締結した場合は5日以内に指定流通機構へ登録を義務づけされており、専任媒介契約を締結した場合は7日以内に指定流通機構へ登録することが義務づけされています。

<スポンサーリンク>

レインズで不動産検索する方法

レインズで不動産検索する方法

レインズを利用できるのは、指定流通機構に会員登録している不動産会社だけです。ただ物件を売ったり、買ったりしたいというだけではレインズに掲載されている物件情報を閲覧することができません。

レインズを閲覧するためには、宅建業者の「登録ID」と「パスワード」を入力する必要がありますので、個人的に閲覧することはできないのです。

ただし、レインズの情報と同等以上の情報を見ることができるサイトがあります。不動産ジャパンというサイトで、不動産業界団体サイトに掲載されている物件情報を横断的に検索・閲覧できるサイトなのです。

このサイトができたおかげで、今まで不動産業者しか検索ができなかった物件を不動産売買したい方が検索できるようになりました。

おわりに

レインズを利用すると、様々なメリットがあります。売主側は、会員登録しているすべての不動産業者から買い手を探してもらうことができます。

これにより、早期の売却が可能となります。取引事例なども掲載されていますので、適正な売却価格の設定をすることも可能です。買主側は、最新の情報を検索してもらうことが可能です。また、売主側が適正価格で売却を検討してくれるので、買主側も適正な市場価格にて物件を購入することが可能になるのです。

物件の売買を検討している方は、ぜひレインズを利用して気持ちのいい取引をしてくださいね。