旅行

四国地方の観光スポットとおすすめの観光マップをご紹介!

四国地方の観光スポットとおすすめの観光マップをご紹介!

88箇所の札所を巡るお遍路で有名な四国。

カツオ、四万十川の高知、道後温泉とみかんの愛媛、阿波踊りの徳島、そして讃岐うどんの香川など、四国の観光地はバラエティーに富んでいますね。

今回は、そんな四国のおすすすめ観光スポット観光マップなどをご紹介していこうと思います。




四国のおすすめ観光スポット5つ

1. 四国カルスト

四国カルスト

四国カルストは、愛媛県と高知県の県境に位置し、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台と並ぶ日本三大カルストの一つです。高いところで標高が1400m以上あり、まさに天空の高原。四国カルストの大部分が牧場になっていて、ゆっくりと回る風車の下で放牧された牛たちが草を食む、牧歌的な風景が広がっています。

四国カルストを東西に貫くのが四国カルスト縦断線で、東の天狗高原から姫鶴平、西之大野ヶ原へと続きます。「姫鶴平」は食事や宿泊ができる拠点の一つで、コテージやキャンプ場もあります。最も標高が高いのが五段高原の「五段城」で、広い駐車場もあり、姫鶴平の美しい風景が一望できますよ。

「天狗高原」には、国民宿舎やコテージ、キャンプ場があり、四国カルストで唯一観光バスで入れる場所です。ハイキングコースが整備され、気軽にハイキングが楽しめます。



2. 鳴門大橋の渦潮

鳴門大橋の渦潮

徳島県と淡路島の間の鳴門海峡は、世界三大潮流の一つとされ、春と秋の大潮時には、最大直径が20mに達すると言われます。潮の流れのない時間帯には、渦潮は発生しません。渦潮の見頃の時間は、「潮見表」で確認できますので、参考にしてくださいね。

このダイナミックな渦潮を見るには、渦潮観潮船に乗船するか、渦の道という遊歩道を利用します。大型観潮船「わんだーなると」は渦潮の上まで近づいて、迫力ある渦潮を間近で見ることができ、小型水中観潮船「アクアエディ」では、水面下の展望室から海中の渦潮の様子が見られます。

渦の道は、鳴門海峡に架かる大鳴門橋の遊歩道で、海上45mの高さのガラス床からのぞき込む渦潮は、吸い込まれそうな迫力がありますよ。

淡路島のおすすめ観光スポット!おもしろマップやキティちゃんレストランについて
淡路島のおすすめ観光スポット!おもしろマップやキティちゃんレストランについて淡路島といえば、うず潮クルーズや温泉など、観光で訪れたいスポットがたくさんありますよね。 最近では、キティちゃんレストランなんかも新しく出たみたいなので、ぜひ行ってみたいですね。 今回は、そんな淡路島の「おすすめ観光スポット」や「淡路島おもしろマップ」「淡路島バス乗り放題きっぷ」についてご紹介したいと思います。...

3. 栗林公園

栗林公園

讃岐高松藩の歴代藩主に伝承された栗林公園は、大名庭園では日本最大級の広さを持つ池泉回遊式の庭園で、日本三大名園にも劣らぬ名園として多くの人に愛され、ミシュラン・グリーンガイド・ジャパンでも三ツ星を獲得しています。

紫雲山を背景に6つの池と13の築山が配され、松を中心に楓やツツジ、梅、桜、蓮、萩など四季折々の花が公園を彩ります。

園内には見所も多く、特に富士山を見立てた築山「飛来峰」からの景観は、栗林公園随一の撮影スポットです。また、巨木「根上り五葉松」は、徳川11代将軍家斉からの鉢植えの盆栽を庭に植えたものが大きく成長したと言われています。

歴代藩主が愛した大茶屋「掬月亭」では、生菓子とお茶を楽しむことができますよ。

4. 道後温泉

道後温泉

夏目漱石の『坊ちゃん』で知られる道後温泉は、日本最古の温泉街と言われ、日本三古湯の一つとされています。その道後温泉のシンボルとなっているのが、重要文化財にも指定されている「道後温泉本館」です。ジブリのアニメ映画『千と千尋の神隠し』に登場する湯屋のモデルにもなりました。

本館三階の屋上に設置されている「振鷺閣」は周囲が赤いギヤマンの障子で、夜は灯りがともり、中央に吊るされた「刻太鼓」が現在は1日3回鳴らされます。浴室は「神の湯」と「霊の湯」の2つがあり、それぞれ大広間や個室の休憩所が設けられています。皇室専用の湯殿「又新殿」や夏目漱石が使った「坊ちゃんの間」の見学もできます。

道後温泉本館に隣接した道後商店街「道後ハイカラ通り」は、明治ロマンを感じさせるレトロな雰囲気の商店街で、浴衣姿でのそぞろ歩きも温泉街ならではの楽しみですね。

<スポンサーリンク>

5. 金毘羅宮

金毘羅宮

香川県の琴平山にある金毘羅宮は、海の神様の「こんぴらさん」として広く親しまれています。1368段ある参道の長い石段も有名で、杖の貸出や「駕籠屋」さんもありますよ。

表参道から本宮までが785段。その途中には大門や五人百姓、青銅大燈籠など様々な見所があり、両脇には土産物やうどんの店などが並んでいます。

本宮から厳魂神社(奥社)までは583段で、樹木に囲まれた静かな道を進みます。厳魂神社からは、琴平の町や讃岐富士、瀬戸内海まですばらしい景色が一望できます。

また、建物とともに重要文化財に指定された障壁画が公開されている表書院、日本近代洋画の祖と言われる高橋由一の油絵を展示した高橋由一館、重要文化財の「十一面観音立像」や「三十六歌仙額」などが所蔵されている宝物館など、貴重な美術品由緒ある建造物も見所です。

四国のおすすめ観光マップ

四国観光名所のドライブマップ

四国観光名所のドライブマップ

四国のドライブマップです。

各観光スポットとそれぞれの距離も書いてあるので、ドライブするにはおすすめです。

四国観光名所のドライブマップ



四国のイラストマップ

四国のイラストマップ

イラストでわかりやすく書かれていて、予定を立てるのが楽しくなりますよ。

四国のイラストマップ

四国のお遍路マップ

四国のお遍路マップ

「マイトリップ」が出している、四国のお遍路マップです。

ぜひチェックしてみてください。

四国のお遍路マップ

まとめ

ここで紹介したのは、四国の観光スポットのほんの一部です。

太平洋のダイナミックな景観をみることができる四国最南端の足摺岬灯台、オリーブで知られる小豆島、世界最大級の橋梁が連なる瀬戸大橋や、清流四万十川、徳島の阿波踊りや高知のよさこいなどのお祭りなど、ここでは紹介しきれない観光スポットもたくさんあります。

まだまだ魅力がいっぱいの四国をぜひ訪ねてみませんか。