生活

襟足刈り上げショートボブのメリット・デメリット

最近、ショートボブ女子を街中で見かけることが増えているように思います。髪を切りたいと思う貴方、思い切って刈り上げショートボブに挑戦してみませんか?

カットの仕方やパーマなどでやわらかな感じやボーイシュに仕上げればイメチェン大成功かもしれません!

今回は襟足刈り上げショートボブのメリットやデメリットとポイントを紹介します。




襟足刈り上げショートボブのメリット

襟足刈り上げショートボブのメリットは、刈り上げをすることで、首が長く見える小顔に見える手入れが楽クールで洗練された印象などメリットがたくさんあります。

襟足を刈り上げることで、首が長く細く見えてすっきりとした印象になります。ショートにすると顔が強調されるかもと敬遠しがちですが、カットやパーマの仕方一つで小顔に見せることができますし、何よりも手入れが楽です。耳元や目元あたりを刈り上げるだけで印象はぐんと変ります。

ボーイシュ過ぎないヘアスタイルとしておすすめは、「隠し刈り上げ」で一見刈り上げているのか分らないくらいでも、風でふわっと髪が揺れた時にちらっと見えた時に「おっ!」とイメチェン成功ができちゃいます。



刈り上げショートボブのポイント

襟足を刈り上げ、サイドをツーブロックですっきり、人気の前下がりショートボブでメリハリのあるシルエットなどがこの髪型のポイントです。

最近はやりの前下がりのボブ、大人の女性にオススメのショートスタイルに、後頭部に丸みを持たせるようなシルエットを意識してグラデーションを入れる、そこから前下がりにサイドにつながるようなラインを作り、サイドと前髪を長めに残すと違った雰囲気が楽しめます。

黒髪と刈り上げのコントラストを引き立てるためには、髪の毛の質も大事では、乾かすだけでキマる髪型を目指すなら艶やかな黒髪、トリートメントも重要です。前髪とサイドを長めにすることで、パーマでウエーブをつけて小顔を強調してもいいし、毛先を遊ばせ、カラーでアクセントをつけるのもかっこいいです。

<スポンサーリンク>

刈り上げショートボブのデメリット

デメリット

刈り上げショートボブのデメリットは、首が見えるということが挙げられます。首を見せるということは、産毛を見せるということです。手入れを怠ると産毛でいっぱいなんて嫌ですよね!注意は怠らずということです。

そして、次に刈り上げショートボブのデメリットは、「おばちゃんかっ?」という髪型になりやすいという点です。おばちゃんのボブスタイルの特徴として、前髪が短い、きっちり刈り上げ、両サイドの長さは耳がかぶる程度、ヘルメットなのかという均一感などです。

ボブで刈り上げをしようと思うと、バランスを取るためにサイドや前髪は短めになっていき、最後に刈り上げ、これはヘルメットに近づいていきます。一度刈り上げをしてしまうと、その手入れの楽さに「次も」となり、ここに落とし穴があります。刈り上げ過ぎは、男っぽく見えてしまうということもデメリットです。



刈り上げボブの注意点

上品・キュート・カジュアルなど振り幅の広さが魅力の刈り上げショートボブですが、カット・カラー・パーマ・スタイリングの違いでイメージががらりと変わってしまいます。自分がどんなイメージになりたいかを決めておくことが大事です。

ボブとショートボブの境界線は、美容師さんそれぞれで違いがあり、「刈り上げショートボブにしてください」とオーダーしても思い浮かべるスタイルや長さは様々なので、ヘアカタログの写真や芸能人の写真などを持参してカウンセリングを行うのが重要です。

アレンジが少ないと感じられる刈り上げショートボブでも、ほんのちょっと手をかけるだけで印象が随分変りますので楽しんでみてはいかがですか?

おわりに

最近、ショートボブ女子が大人気、刈り上げ女子も増えています。クールで洗練されている印象なので憧れている人も多いと思います。

刈り上げをすることで、首が長く細く見える、小顔に見える、手入れが楽というメリットがありました。

襟足刈り上げのほか、耳元や目元刈り上げ、隠し刈り上げでうなじをチラ見せしてイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか?