自動車

スバル自動車のおすすめ車種について

スバル自動車のおすすめ車種について

ラインナップが豊富なSUBARUの自動車。

今回は、そんなスバル自動車のおすすめの車種について、それぞれご紹介していきたいと思います。




IMPREZA

IMPREZAとは

レオーネの後継モデルとして、スバルより2002年に販売開始された車種です、「インプ」の愛称で親しまれています。

現在は2016年より販売されている5代目モデルで、流れるようなカッコいいフォルムが特徴で、「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。



5代目モデルは?

現在の5代目モデルは、5ドアハッチバックの「インプレッサSPORT」と4ドアセダンの「インプレッサG4」の2種となっています。

どちらもスバルが掲げる「Dynamic × Solid」をコンセプトにした躍動感あふれるデザインで、内部のインテリアも高級感があるオプションが充実しています。

安全面にも配慮

G4とSPORTの2タイプともに、「歩行者保護エアバッグ」を国内メーカーで初めて全車に標準装備するなど、万が一の際の安全にも配慮した設計です。

車内の前面や側面など合わせて7つのエアバッグをつけ、事故が起こった際に体へのショックを軽減してくれます。

SUBARUXV

SUBARUXVってどんな車?

2010年に「3代目インプレッサ」のグレード1モデルとして誕生した車種で、街乗りに似合うスタイリッシュなデザインビビットなカラー展開で人気を博しました。

現在は、2017年に発表された3代目モデルで、「Fun Adventure」をコンセプトにした都会的な洗練されたデザインです。

<スポンサーリンク>

スバル初のハイブリッド車

2代目モデルは、2013年にスバルで初めてハイブリッド車「XV HYBRID」が導入されたことでも知られています。

ハイブリッド車にはリニアトロニックというモーターを内蔵することで燃費の良さを実現し、水平対向エンジンによって低重心で安定した走りも実現しています。

華やかなカラー展開

スポーティーで都会的なデザインに合わせて、ボディはなんと9色展開とカラーが豊富です。

インテリアやエクステリアでカスタマイズが楽しめるだけでなく、リアビューカメラなど安全運転のためのオプションも豊富です。

FORESTER

FORESTERとは

1997年に発売開始されたロングセラーの車種で、5ドアクロスオーバーSUVタイプです。

現在は、2017年より発売されている5代目モデルで、男性好みの力強くスタイリッシュなフォルムデザインと、様々なカラーが揃う9色展開です。



広い開口部で乗り降りしやすい

FORESTERの特徴は、ドアが大きく開くので乗り降りがしやすいことと、開口部が広いのでチャイルドシートなどを利用する際や荷物の積み下ろしにも非常に便利です。

後席USB電源を全車に標準装備しており、車内での充電も可能です。

アウトドアにピッタリのカーゴルーム

一番の魅力は、520Lという大容量かつ開口部最大幅約1300mmというカーゴルームです。買出しなどでの荷物の積み下ろしはもちろん、アウトドアの際の荷物もたっぷり入るサイズです。

また、カーゴルームのドアには電動で開閉できるパワーリアゲートもついているので、手がふさがっていてもドアの開閉が可能です。

LEGACY

LEGACYとは?

1989年より発売されているスバルが扱うセダン車の普通乗用車の1つで、スバルの看板車種として長く愛されています。

現在は6代目モデルで、4ドアセダンの「レガシィB4」とクロスオーバーSUVの「レガシィアウトバック」の2種があります。

<スポンサーリンク>

レガシィB4の魅力

流れるような美しいライン水平対向エンジンインテリジェントモードなど3つの走行性能モードなど、美しさと機能面が両立しています。

ゴルフバッグを乗せることができる広いトランク、長時間座っていても快適なシートなど、大人の男性のための上質な機能が揃っています。

LEGACY アウトバック

シックな装いのワイルドネスグルーンなど、力強いデザインを引き立てる洗練されたカラーが10色展開されています。

本革巻ステアリングホイールや広いトランク、2色から選べる本革シートなど、カスタマイズが楽しめる装備やオプションが揃っています。

LEVORG

LEVORGとは

2014年6月に販売開始された5ドアステーションワゴンで、5代目レガシィツーリングワゴンの後継モデルにあたります。

名前の由来は、「LEgacy」(大いなる伝承物)、「reVOlution」(変革)、「touRinG」からなる造語です。



全車直噴ターボ(DIT)仕様

LEVORGは全車直噴ターボ(DIT)仕様で、1.6リッターと2.0リッターの2つの排気量のモデルがあります。

水平対向エンジンによって低重心で安定性が高く、スムーズな走りはドライブを楽しませてくれます。どちらもアイドリングストップシステムを搭載していて、低燃費と経済性も抜群です。

アイサイト・ツーリングアシストで安全運転

路面の区画線や歩行者、車などを認識する自動ブレーキシステム搭載の「アイサイト・ツーリングアシスト」が装備されています。

さらに、死角が少なくなるボディデザインなど、安全に運転できる技術と工夫が詰まっています。

おわりに

今回は、スバル自動車のおすすめの車種について、それぞれご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ぜひ、お好みの車種を見つけて、ドライブを楽しんでみてくださいね。