ビジネス

転職の志望動機の書き方や例文をご紹介!郵送時のマナーや封筒の書き方など

転職の志望動機の書き方や例文をご紹介!郵送時のマナーや封筒の書き方など

転職をする際に、悩みどころなのが履歴書や面接で問われる「志望動機」ですよね。

ある程度の社会経験もあるので、新卒の時のようにがむしゃらにアピールするだけではなく、自分がその企業でどう役立てるのかを書いたり、前職の経験も織り交ぜて書いた方が良い場合もあります。

今回は、そんな転職をする際の志望動機について、書き方や例文・郵送時のマナーや封筒の書き方をご紹介していこうと思います。




転職の志望動機の書き方

転職の志望動機の書き方

採用担当者が、採用されるか否かを決定するために重要視するのが志望動機です。

志望動機を書く時に留意する点について、まとめてみました。



採用担当者が知りたがっていることを書く

採用するかどうかを決めるために、企業が知りたがっているポイントが3つあります。

この3つをしっかりと押さえて書くことが大切ですよ。

  1. この仕事をしたいと思った理由
  2. どうしてこの会社を選んだのか
  3. 採用した場合、会社に貢献できるかどうか

このようにポイントを明確にしておけば、志望動機が少し書きやすくなりますね。

転職理由に説得力を持たせる。理由は前向きなものにする

転職する理由もしっかり書いておきましょう。

前の会社(現在の会社)をどうして辞めたか、人によってさまざまな理由があると思います。人間関係がうまくいかなかったり給料が安かったり残業が多かったり、不満がいっぱい出てくる人も多いことでしょう。

ですが、その気持ちをそのまま転職理由にするのは避けましょう。不満ばかり書かれているの見ると、「この人は不満を感じたらすぐに辞めてしまう人」と思われることもあります。仕事が長続きしないという印象を与えてしまいます。ですから、前の会社の不満や悪口を書くのはやめておきましょう。

では何を書くのかというと、前向きな姿勢を表現するのです。例えば、「前職で得た経験を元に、ステップアップして活躍したい」とか「よりお客様の近くで働けるので」など、成長したい気持ちを感じるような内容が良いでしょう。

<スポンサーリンク>

「他ではなくここ!」をアピールしよう

数ある会社の中からどうしてわが社を選んだのか」、企業はそれを知りたがっています。
社風に惹かれた、とか、商品が魅力的だから、といった書き方では、他の会社の面接でも使い回していると思われてしまいます。

ですから、まずはしっかりと企業の情報を把握することが重要。その上で、入社したら何をしたいのかを具体的に書いたり、商品に魅力を感じるなら具体的にどういった部分に感じるのか会社との繋がりを感じるエピソード社風のどこに惹かれたかその理由など、一つ一つ具体的に書くことが大切です。

その内容が具体的であるほど、「貴社で働きたい!」という気持ちが伝わるものです。

自分を売り込む

志望動機では、やる気を感じさせることも大切ですよ。

「頑張って働きます!」だけでは、具体性に欠けます。自分の力をどう活かすのか、具体的に書いてみましょう。

下記に転職の志望動機の例文をご紹介しますので、参考にしてみてください。

転職の志望動機の例文

転職の志望動機の例文

未経験の仕事の場合(事務職から営業職へ転職)

私は一般事務の仕事を続けていましたが、元々外に出かけたり人と話をするのが好きな性格で、次第に営業職に惹かれるようになりました。

貴社を選んだのは、信頼関係を大切にするために取引先への訪問を徹底している面に共感したからです。地域に密着した仕事に憧れていた私は、事務職の時にもお客様には笑顔で丁寧に対応することを心がけていました。

コミュニケーション能力に自信があるので、その力を貴社でも活かしたいです。

経験がある仕事の場合(受け付け)

総合受付の仕事を担当していました。受付の対応によって、お客様が持つ自社の印象が左右されますので、いつでも笑顔で明るい対応をしていました。

常にお客様の事を考え、気持ち良く過ごして頂けるように心がけました。貴社は海外のお客様が多いことから、私の経験と英語力を活かしてステップアップできるのではないかと思いました。

会社の理念と一致することを伝えたい場合

企業理念である「和食の良さを世界中の人に知ってもらう」という部分に共感しました。

私はアジアのほかの国で暮らしたり、アメリカへ留学した経験があります。その時に、日本の食生活の素晴らしさを実感しました。

その経験を活かし、日本の食事をもっと世界の人々に知って貰えるよう、貢献していきたく思います。



転職の履歴書の封筒の書き方・郵送時のマナー

封筒のサイズは、角形A4号か角形2号がおすすめ。色は、きちんとした印象のある白が良いでしょう。

封筒には必ず、表の左下に赤色で「履歴書在中」の文字を書きます。そして四角く囲みます。職務経歴書も同封する場合には、「応募書類在中」の方が良いでしょう。のりづけで封をしたら、〆と書きましょう。

日本郵便では、郵送する物の大きさや重さで金額が変わります。しっかり確認してから切手を貼りましょう。切手の枚数はできるだけ少なく!例えば140円の場合、20円切手7枚ではなく140円切手1枚にしましょう。

締め切り間際でしたら、速達で送っても大丈夫です。

おわりに

今回は、転職の際の志望動機の書き方についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

人生を左右する転職活動!悔いのないように、頑張ってください!