生活

坪・平方メートル(平米)の計算方法

坪・平方メートル(平米)の計算方法

一生に一度の大きな買い物に一戸建の住宅・マンションなどがあります。いざ購入となれば、様々な物件広告やチラシを見てその検討にはいります。

そこでは、必ず広さを示す単位が出てきますね。それは、平米・坪・畳などの単位呼称です。今回は、坪数の計算方法無料の換算ツールなどをご紹介していきたいと思います。




坪数等の換算方法

坪数等の換算方法

利便性の向上により、PC等で換算サイトを開き、目的の数字を入力しますと瞬時に回答してもらえます。でも、基本的な事項を把握しておきますとそのツールが無くても簡単に換算ができてしまいます。

その方法をお伝えしたいと思います。(数字の121と400は忘れないでください。)

  1. 1坪は、約3.31㎡(3.305785123)になります。これは、2畳になります。
  2. 1㎡は、約0.3坪(0.3025)になります。これは、0.6畳になります。
  3. 1畳は、0.5坪(1.6562㎡)になります。

以上より、例えば100坪は330.57㎡になり199.6畳(約200畳)になります。0.3025の数値を暗記していれば積商のみで換算は可能です。121と400の商でも求積はできます。



平米(㎡)から坪・坪から平米(㎡)への計算方法

平米(㎡)から坪・坪から平米(㎡)への計算方法

歴史的に見ますと、ご存知のとおり度量衡の制度に始まります。

  1. 面積の計量単位は、平方尺及び歩又は坪とする。
  2. 平方尺は、辺の長さが33分の10メートルの正方形の面積をいう。
  3. 歩又は坪は、平方メートルの121分の400の面積をいう。

一般的な不動産取引では、まだ使用されているのが実情ですが、不動産登記上は土地や建物の面積、床面積は㎡で表示されています。

㎡から坪の換算式は、「㎡×0.3025=坪」になります。逆に坪から㎡の換算式は「坪÷0.3025=㎡」となります。

1坪・1平米(㎡)・1畳当たりの面積換算

1坪・1平米(㎡)・1畳当たりの面積換算

坪の計算

1坪は6尺×6尺(1.818m×1.818m)で求められます。これにより、1坪は3.305124㎡で約3.3㎡になります。1坪は、およそ畳で言えば2枚分の広さに相当します。

なお、畳の1枚は約1.65㎡(規格的には中京間になります。)ですので、この倍が1坪となります。

<スポンサーリンク>

平米の計算

次に1平米(㎡)ですが、昔から「へいべい」と呼ばれています。不動産の広告やチラシなどでは「㎡」の表記がなされていますので、ご覧になられた方も多いと思います。

1辺が1mの正方形の面積になります。1m×1m=1㎡となりますね。1畳の半分くらいの面積換算になります。

帖・畳の計算

近時は部屋の広さを表すのに畳よりも「帖」を使用するケースが増えています。これは、洋室の間取りが中心になってきているからかもしれません。

3番目の1畳(帖)ですが、畳1枚の大きさは6尺×3尺(1.818m×0.909m)になります。1畳は、1.652562㎡で約1.65㎡(規格的には中京間)になります。

因みに畳の規格ですが、京間(約1.82㎡)>江戸間(約1.54㎡)>団地間(約1.44㎡)になっています。

1平米(㎡)の面積を求める

1平米(㎡)の面積を求める

1辺が1mの正方形の面積になります。例えば、70cm(0.7m)四方の面積を求めたい場合には、1平米(㎡)=1m×1m=100cm×100cmになり、10,000平方センチメートル(㎠)となります。

当てはめますと、70cm×70cm=4,900㎠になります。よって、4,900÷10,000=0.49平米(㎡)となります。

面積の基本は三角形にあります。底辺×高さ÷2ですべての面積は求められてしまいます。以上では、メートル表記となっておりますが、建築の基準寸法はmmが基本になります。説明上このようになりました。



便利な坪数換算ツール

便利な坪数換算ツール

賃貸/購入で新居へ引っ越しをする方、不動産の仕事をしている方、坪・畳・平方メートル(㎡)の変換をしたい人、1坪・1平米・1畳当たり面積を一覧で計算をしたい人におすすめのツールです。

便利な坪数換算ツール

おわりに

今回は、坪数の計算方法無料の換算ツールなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ツールで簡単に換算することができますが、計算方法を知っておくと便利なので、ぜひ覚えておいてくださいね。